山岳ガイド ミキヤツ登山教室が紹介する、現場からの登山装備、技術論 

 クライミング技術・スメアリング 山岳ガイド・ミキヤツ登山教室 webスクール      
 

山岳ガイド・ミキヤツ登山教室 久野弘龍・加藤美樹
  メール・お問い合わせはこちら  mikiyatsu2008@gmail.com
トップページ
募集コース
web登山教室
山行報告
ガイドについて
ガイドの紹介
メール・問い合わせ

 スメアリング

 クライミング中、手がかりはあるけど足場がないとか、遠いということはよくあります。
 しかし、手がかりは既にある状況ではその大きさ、方向次第で、それは今から行うべき登り方のヒントになります。

 手がかりはあるけど足場がないという状況では多くの場合は「スメアリング」という技術でその場をこなして、次の手がかりを取ったり、足場へ移動してしまいます。
 そんな魔法のようなクライミング技術、スメアリングをここでは説明します。

 ジムで登れるけど、外岩は苦手な方。スメアリングをもっと理解してください。


 @スメアリングを使う状況

 ・足場が小さい
 ・足場がない
 ・足場の距離が遠い


 クライミングをしていると、足場が小さかったり、遠かったりしますが、そんな時はスメアリングという技術を使って、ごまかしてしまいます。






Aスメアリングはクライミングの必須技術


 左の写真の様に、いつも大きな足場に立てるとは限りません。
 そもそも、まっとうな考えを持った人ならやらないことをするのがクライミングです。


 そんな普通の人がやるはずもないクライミング中は、「足場がない!」とか、「足場が遠い!」なんて事は当たり前なので、そんな時はスメアリングをしてゴマカシテしまいましょう。


 「足場がない」という状況を、「次の良い足場までの間が遠い」と考えると良いかもしれません。
 つまり、スメアリングをずっと続けるのではなく、良い足場と足場を繋ぐ技術としてとらえることが必要です。
 そもそも足場が小さかったり無いところに立つのはとても怖いでしょう。


※難しルートはスメアリングが連続するからといっても良いかもしれません。

Bスメアリングをする状況と条件


 左の写真の様に遠い足場に一気に足を上げるのではなく、軸足(体を支える右足)をスメアリングで少し高い場所に位置することができれば、次の足場へ左足を上げる距離が縮まり、足を上げるのも、立ちこむのも楽になりますます。


 つまりスメアリングをする状況というのは、それを使って少し体を高い位置にして、次の足場に足を上げたり、次の手がかりを掴むためです。
 だからスメアリングをして、しっかりと立ち上がることはなく、その目的を果たせる位置まで体を上げるだけの技術です。


 ただしスメアリングはどんな時でもできる訳ではありません。
 スメアリングは体を岩から離して行う技術なので、ある程度の手がかりが必要になります。
 だから、大きな手がかりでスメアリングをする時は易しいルート、小さな手がかりでスメアリングを要求されるときは難しルートといえます。
 また、スメアリングが連続するようなルートも難しいルートです。
 



 


 Cスメアリングの実践 体の使い方


 スメアリングは小さな段差や何もないところで足に立つ(体を支える)ために、靴の摩擦を「作り出す」ことで行う技術ですが、摩擦を作り出すためには、自分の体重を利用します。


 緩傾斜では体を壁から離して立つことで、全体重を足に乗せて摩擦を作り出します。
 しかし、左の写真の様に足場にまっすぐ立つことができないときには、意図的に体を壁から離して、振子の力で戻ってくる力を利用して靴が岩に押し付けられる状況を作り出して摩擦を作り出します。
 


 Dスメアリングの実践 足の使い方


 体を岩からしっかりと離すことができれば、振子の力で体が岩の戻ろうとする力が働きますが、その力を使って「靴をたわませる」ことがポイントです。

 靴をたわませることができれば、もとに戻ろうとする反発によって更に摩擦が大きくなり、足が滑りにくい状況を「作り出す」ことができます。

 靴をたわませるためには、「体を離す」以外にもう一つ、「爪先をまっすぐに前に向ける」ことも重要なポイントです。(体を外に出すことで、振子が元に戻ろうとする力の方向に爪先を向ける)
 爪先が横を向いてしまうと、「ねじれ」になってしまい、反発による摩擦が無くなってしまいます。


 クライミングシューズはシューズの中で指が曲がった状態で履くのですが、これは靴をたわませたときに、強く反発させるためであり、指が延びた状態ではこの反発は小さくなってしまい、摩擦が小さくなってしまいます。

 モチロン足の指が強くて自分の力で靴のたわみを押さえることができる人も居るかもしれませんが、疲れてしまうか指を痛める結果になるでしょう。

 
 ※以上の理由から、クライミングシューズは指が曲がった状態で履くのが適正サイズなのです。そして岩を登りやすい登山靴「テクニカルシューズ」は、足の指が延びた状態でもたわみによる反発を作り出すために、ソールが硬いのです。
 このため、岩を登るのは得意でも、歩くにはソールが硬すぎてバランスを崩したり、疲れてしまいます



 E足を段差に掛けるのは×


 小さな足場へ足を置く場合、段差に足を引っ掛けるようにつま先を横に向けて、足の内側のエッジを載せようとしますが、これはクライミング技術的には×です。

 爪先を横に向けてしまうと、靴がねじれることはあっても、たわむことはなくなり、反発による摩擦力の増加は見込めません。

 
 小さな段差に立つ場合、足を掛けるのではなく、段差の縁(角)にスメアリングをするイメージをもって爪先を前に向ける必要があります。
 そうすると、靴がたわんで段差の角に靴が押し付けられて摩擦が増えるだけでなく、、実際には段差の上面にソールが押し当てられて、滑りにくくなります。





 F爪先が横を向くと、岩に体がくっついてしまう


 爪先を横に向けて段差に足を掛けようとすると、Eの説明の様に摩擦が小さくなって滑りやすくなるだけでなく、体も岩にくっついてしまい、振子のエネルギーを使えなくなってしまいます。

 また、体が岩にくっつくということは、足場が見えなくなるばかりか、足を上げる空間も無くなってしまうため、必然的に足を上げられる場所が体の外側に限定されてしまいます。
 これによって右足は体の右側、左足は左側、しかも爪先は外側に向いてしまう、典型的な「悪い正対」クライミング(※)となってしまいます。

 正対クライミングがいけないわけでは無いのですが、つま先が外へ向くと足が滑りやすくなるばかりでなく、体が岩に完全に正対してしまい体の向きを変えるのも困難となるため、視野が狭くなり、手がかりや足がかりを見つけるのすら困難になります。



 ※1 正対クライミングでも、良い正対と悪い正対があります。
良い正対は爪先はスメアリングをするために岩の方へ向き、体の前に空間を作った状態を保っています。これに対し悪い正対は、つま先がそれぞれ外を向いてしまい、岩に体がくっついてしまいます。


 G爪先を前に向け、岩から膝を離す

 
 爪先を岩に向けて、スメアリングを行う体制を取ったら、岩を前方に押し出すようなイメージで体を持ち上げる。

 この時、腕はしっかりとのばした状態からスタートして、膝を岩から離した状態を保つことを意識すると足が滑りにくくなります。
 スメアリングしている足に「乗り込む」のではなく、足で岩を押し出して体を外に保つ感覚が必要です。もちろん、体が上に上がるにつれて腕は曲がっていくのですが(※)、膝はしっかりと離した状態を保つことが重要です。

 左の写真は左足で体を少し上げてから青矢印の様に右足を上げることを目的としてスメアリングをしています。

 スメアリングは足場に載りこむ技術ではなく、ごまかしで足を置いている技術だといっても良いかもしれません。
 ごまかすために、ある程度手の力は必要です。
 だから、スメアリングをする時は躊躇しないで、覚悟を決めて短時間で行いましょう。


※ GとHの写真では、スメアリングと足への乗り込みのために体が上がっているのですが、腕の角度が変わっていないことに注目してください。
 水平なホールドを持っている場合、体の上昇とともに肘まで上がって、腕の角度が変わってしまうと、手がかりが滑りやすくなります。
 スメアリングをする際、手がかりの掛かり具合によってはこのように肘をしっかりと落とし続けて、手を引く方向が変わらないようにする工夫も必要です。

 Hスメアリングは目的をもって行う
 スメアリングはその小さな、あるいは何も無い足場に立ちこんで完了する技術ではなく、体を少し持ち上げて次の足場にもう片方の足を運んだり、あるいはそのままでは届かない次の手がかりへ手を届かせて完了する技術です。

 繰り返しになりますが、スメアリングは完全に足に乗り切ってしまい体が壁にくっつくと、摩擦を作り出す力が弱くなり、足が滑りやすくなってしまいます。
 このためスメアリングを行うときは、どの程度まで体を上げて、そこで何をするかをしっかりと意識して行わなくてはなりません。目的を果たすまではしっかりと膝を岩から離した状態を保ち続けることが必要です。

 今回の左の写真ではスメアリングで体を持ち上げて、右足を上げるというのが目的でした。ですから、体は左足には完全に乗り切っていないことが分かります。
 また、次に上げた右足にも体はまだ完全に乗っていません。これは右足に完全に立ちこむと肘が上がってしまい、手がかりを引く方向がよくかかる下方から、手が滑る手前側に手を引いてしまう可能性があるためです。

 「右足を上げるため」に手がかりを使って「左足をごまかして(スメアリングして)」体を持ち上げました。
 そのため右足を上げた時点では「右足に立ちこむための手がかり」を持っていないことになります。ですから、この後はこの体制のまま次のホールドを取って、右足に乗り込むことになります。
 
 




Iダイアゴナル

 スメアリングをするためには体がしっかりと足に荷重できる体制が必要です。
 このために右手と左足、左手と右足で体を支える「ダイアゴナル」な手足の使い方が必要です。

 スメアリングは体を壁から意図的に話す技術なので、ダイアゴナルが崩れると、つまり、左手と左足、右手と右足でスメアリングをしようとすると、体が回転して壁から体が離れて行ってしまいます。

 
山岳ガイド・ミキヤツ登山教室


 山岳ガイド・ミキヤツ登山教室は、加藤美樹、久野弘龍がそれぞれ主催する個人ガイドの集合体です。
 
 日本山岳ガイド協会認定のもと、山岳ステージ2(登攀ガイド)、国際山岳ガイド資格を保有し、ガイド業を行なっています。




 私たちは、ガイド業を通じて技術や道具、登山情報を、過去の慣習や過去の経験ではなく、現在の経験に基づいた現場情報を提供することで、登山をする方が安全に楽しめることを目標としています。

 ガイド業務中には皆様の安全を図ることはもちろん、、講習会や行動しながら登山技術を伝えることで、ご自身で行く登山をサポートします。

 これらのことを実現するための手段がガイド業であり、皆様に提供する情報を得るために現在もプライベートでのクライミングを続けています。 




主なガイド・フィールド

 海外

フランス・シャモニ・クライミング
イタリア・ドロミテ・クライミング
ギリシャ・カリムノス島・クライミング
タイ・プラナン(ライレイ)・クライミング
 その他

 国内

八ヶ岳・冬季登山、クライミング
小川山・瑞牆山・クライミング・講習会
剱岳・クライミング
穂高・槍ケ岳・クライミング・岩稜縦走
北岳・甲斐駒ケ岳・クライミング
 その他


加藤美樹・久野弘龍

日本山岳ガイド協会認定
国際山岳ガイド連盟認定
八ヶ岳山岳ガイド協会所属

〒408−0041 
山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3331−711 
メール:mikiyatsu2008@gmail.com  
電話:0551‐36‐6345 
携帯:090‐7195‐6134(久野

ブログ:山でボナペティ!  
ホームページ:http://mikiyatsu.jp/




トップへ
トップへ
戻る
戻る



山岳ガイド ミキヤツ登山教室は、夏山、冬山ともに国内では八ヶ岳、穂高岳、槍ヶ岳、剣岳、北岳、甲斐駒ケ岳など日本全国で、海外ではヨーロッパのシャモニ、ドロミテで山岳ガイド、登
山教室、クライミングスクールを行っています