山岳ガイド ミキヤツ登山教室が紹介する、現場からの登山装備、技術論 

 クライミング・乗っていない方の足の重要性 山岳ガイド・ミキヤツ登山教室 webスクール      
 

山岳ガイド・ミキヤツ登山教室 久野弘龍・加藤美樹
  メール・お問い合わせはこちら  mikiyatsu2008@gmail.com
トップページ
募集コース
web登山教室
山行報告
ガイドについて
ガイドの紹介
メール・問い合わせ


 岩登りは、上へ登るよりも、移動させた足に重心を移動させる!
 つまり岩登りは、上のホールドを取って、足を上げたらそこから上がろうとするのではなく、移動させた足に重心を移動さてから足で体を押し上げるという順序が必要です。
 これを実現するのが、軸足でない方の足、つまり体が乗っていない方の足の使い方です。
 傾斜が強くなるとなかなか登れないという方は、この「体が乗っていない方の足」の使い方を覚えましょう。
















一般的には、上述の技術は「体のフリ」といわれています。体を横にひねることで、軸足に乗って次のホールドを取るテクニックです。
 しかし、「体のフリ」を実現するためには体をひねるよりも、軸足でない方の足、「乗っていない方の足」の使い方が重要で、これができていれば体がひねられて横向きにならなくても同じ効果があります。

 「体のフリ」という技術は、ひねりではなく、「乗っていない方の足」をしっかりと「動きをコントロールする足」として使うことが重要な技術です。

 「体のフリ」に対して、体を壁に正対させて登る「正対登り」という技術がありますが、これも実際には制御足をしっかりと使ってのひねりの無い「体のフリ」だと言えます。
 この「乗っていない方の足」をしっかりと使った正しい「正対登り」は、小さく、かかりの悪い手がかりで登る場合や、冬のクライミングなどで必要な技術です。



 以下は上の「体のフリ」になりきれない、そして「乗っていない方の足」をうまく使えていない、言わば正しくない「正対登り」を説明しています。

 逆に言えば、正しくない「正対登り」の正しくない個所を理解し、対処できれば正しい「正対登り」が理解できると思います。

 上級テク!で説明した、「乗っていない方の足」を外に蹴りだせない状況では、この「正対登り」がより使われやすくなることも付け加えておきます。
 



悪い例 (ただし、乗っていない方の足(右足)をうまく使えればOK)









 正対登りであっても、体のフリであっても、重要なのは軸足ではない「乗っていない方の足」の使い方です。
 これが上手く使えるようになると、体の重さを軸足でしっかりと支えることができるようになるため、手の負担を減らして、安定した登りを実現することができるようになります。
 
 足場が小さい場合はスメアリングを多用せざるを得ません。 

 また、手がかりが小さいほど、体を落とし込んでいないと保持することができません。

 このような状況では、どうしても壁に正対して登らざるを得ず、この時に「乗っていない方の足」を、うまく使えることが必要となります。


 「人工壁では登れるけど、外の岩では登れない」

 「ボルダリングなど、短いルートは登れるけど、長いルートは苦手」

 「5.11台が登れる気がしない」とか、「最近、ボルダリングで4級程度で壁になった」など感じている場合は、「乗っていない方の足」をうまく使うことを意識して登ってみてください。
山岳ガイド・ミキヤツ登山教室


 山岳ガイド・ミキヤツ登山教室は、加藤美樹、久野弘龍がそれぞれ主催する個人ガイドの集合体です。
 
 日本山岳ガイド協会認定のもと、山岳ステージ2(登攀ガイド)、国際山岳ガイド資格を保有し、ガイド業を行なっています。




 私たちは、ガイド業を通じて技術や道具、登山情報を、過去の慣習や過去の経験ではなく、現在の経験に基づいた現場情報を提供することで、登山をする方が安全に楽しめることを目標としています。

 ガイド業務中には皆様の安全を図ることはもちろん、、講習会や行動しながら登山技術を伝えることで、ご自身で行く登山をサポートします。

 これらのことを実現するための手段がガイド業であり、皆様に提供する情報を得るために現在もプライベートでのクライミングを続けています。 




主なガイド・フィールド

 海外

フランス・シャモニ・クライミング
イタリア・ドロミテ・クライミング
ギリシャ・カリムノス島・クライミング
タイ・プラナン(ライレイ)・クライミング
 その他

 国内

八ヶ岳・冬季登山、クライミング
小川山・瑞牆山・クライミング・講習会
剱岳・クライミング
穂高・槍ケ岳・クライミング・岩稜縦走
北岳・甲斐駒ケ岳・クライミング
 その他


加藤美樹・久野弘龍

日本山岳ガイド協会認定
国際山岳ガイド連盟認定
八ヶ岳山岳ガイド協会所属

〒408−0041 
山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3331−711 
メール:mikiyatsu2008@gmail.com  
電話:0551‐36‐6345 
携帯:090‐7195‐6134(久野

ブログ:山でボナペティ!  
ホームページ:http://mikiyatsu.jp/

 
 
 




トップへ
トップへ
戻る
戻る



山岳ガイド ミキヤツ登山教室は、夏山、冬山ともに国内では八ヶ岳、穂高岳、槍ヶ岳、剣岳、北岳、甲斐駒ケ岳など日本全国で、海外ではヨーロッパのシャモニ、ドロミテで山岳ガイド、登
山教室、クライミングスクールを行っています