山岳ガイド ミキヤツ登山教室が紹介する、現場からの登山装備、技術論 

 クライミングを始める方へのメッセージ 山岳ガイド・ミキヤツ登山教室 webスクール      
 

山岳ガイド・ミキヤツ登山教室 久野弘龍・加藤美樹
  メール・お問い合わせはこちら  mikiyatsu2008@gmail.com
トップページ
募集コース
web登山教室
山行報告
ガイドについて
ガイドの紹介
メール・問い合わせ

クライミング・岩登りを始めようとしている方、上達しようと思っている方へ
山岳ガイド・ミキヤツ登山教室からのメッセージ

 
ギリシャ・古城遺跡を見ながらのクライミング


 紀元前の遺跡

 クライミングをしていると、旅の目的が出来ます。出不精の僕はクライミングのお蔭で、国内、海外含めていろいろな処へ行くようになりました。
 クライミングが上手くなるという事は、それ自体だけの効果でなく、行動も変わるかもしれません。
 

 上手くなるということ

 クライミングに限らずスポーツは、「長い経験」や「パワー」だけでその人のレベル(限界)が決るのではなく、正しい動きができているかどうかによって決まってきます。

 しかし、ある程度の筋力が必要なのも事実です。

 クライミングで成果がでなかったり、上手くならない方は、「クライミングの正しい動き」が理解できていないか、「正しい動きを実践するために必要な最低限の筋力」が足りないか、どちらかだといえるでしょう。



 正しい動きを実践しなければ、まったく筋力を活かすことができないですし、逆にある程度の筋力が無くては、正しい動きを実践することができません。


 「・・・そんなこと解っとる!」という人もいるでしょうが、もしそうなら後は簡単。問題を解決するだけです。
 「登れないという事象」から、「登れない原因」を見つけだしましょう。
 



 クライミングなど、運動能力の向上の妨げになるモノ

 クライミングに限らずスポーツ全般で、向上の妨げになる最たるモノは、その人の運動能力ではなく、「自分で作り上げた常識」や「理由のない慣習的行為」によって、正しいかもしれない新しい考えを拒否してしまうことです。

 もしクライミングやスポーツで壁に当たっている状況というのは、これまでの「経験」、「考え」、「動き」、「筋力」ではその問題が解決できない状況だといえます。
 ですから問題を解決するためには、「これまでの・・・」ではなく、「あたらしい・・・」が求められています。

 

 ・・・ちょっと厳しすぎますか?


 クライミングの特殊性

 クライミングが他のスポーツと違う点は、ミスが即危険に繋がる状況があるという点で、これは必ず理解しないといけない事実です。

 危険であることを理解できれば、ミスが危険に繋がらない環境を作る発想になるのですが、それがロープ確保であったり、クライミングジムなどにあるマットになります。

 そうはいっても、「危険」が頭の中にちらついていると、「恐怖」に繋がってきます。
 クライミングとその環境を理解するほど「危険」が頭をちらつくのは当たり前のことで、それゆえ「恐怖」があるのは当然のことです。
 しかしクライミングを楽しむためには、この恐怖を乗り越えなくてはなりません。



 「クライミングの向上の妨げになるモノ」として、「自分で作り上げた常識」を上げましたが、「恐怖」も含まれます。クライミングの場合、多くはロープで安全を確保しています。落ちてもいい状況を作っているのに、その安全性を否定してしまっては、危険ばかりが頭の中を占めてしまい、クライミングの練習ができなくなってしまいます。
 恐怖を忘れるとか、感じないようにするのではなく、「自分の知らない世界の事実」を受け入れてください。


 ・・・でも怖いからねー。


 動きが先か、筋力が先か・・・いずれにせよ期間を集中させる
 結論から言ってしまえば同時進行ですが、どちらかといえば動きを先行させて、それに筋力を追いつかせるという順序がよいでしょう。

 「最低限の筋力」という言葉を使っていますが、ある動きをしようとすると、少なくともそれに必要な筋力が要求されますが、それ以上は求められません。ただし何回もやろうとしても、何度も出来るものではありません。



 なかなか上手くならない理由として、正しい動きを身に付ける前に疲労してしまうということが挙げられます。
 だから、効率よく動きを身に付けるためには、恐怖や考えの違いから起こる「否定」「拒否」をなくし、少しでも効率を上げないといけません。
 また、「求められる動きを何度も繰り返す」ことで、「何度も繰り返すために必要な筋力」が付いてきます。

 動きを身に付けてそれを忘れないためにも、必要な筋力を身に付けて、それが落ちないようにするためにも、ある程度期間を集中させる必要があります。




 そうは言っても、楽しくなければできません!

 いろいろ書いてきましたが、やはり楽しくなければ上手くはなりません。

 怖いものは怖い!
 登れなければ楽しくないが、登れれば楽しい!

 これらは本当の話です。
 ですから、無理はしないでいきましょう。




 恐怖は慣れましょう。
 怖がるなと言っても絶対に無理です。怖さをコントロールする術を身に着けるべきです。

 ロープによる安全性が確保されている状況に納得しましょう。
 自分の本当の技術を理解し、求められている技術の範囲内であれば、それを恐怖をコントロールする術としましょう。


 「怖がらないようになる」のではなく、「怖い状況でも動ける」ようになることが目標です。
 登れなくて楽しくない時は、難しさやグレードアップばかり目指すのではなく、簡単に登れるルートを登って、岩登りを楽しく感じるようにしましょう。
山岳ガイド・ミキヤツ登山教室


 山岳ガイド・ミキヤツ登山教室は、加藤美樹、久野弘龍がそれぞれ主催する個人ガイドの集合体です。
 
 日本山岳ガイド協会認定のもと、山岳ステージ2(登攀ガイド)、国際山岳ガイド資格を保有し、ガイド業を行なっています。




 私たちは、ガイド業を通じて技術や道具、登山情報を、過去の慣習や過去の経験ではなく、現在の経験に基づいた現場情報を提供することで、登山をする方が安全に楽しめることを目標としています。

 ガイド業務中には皆様の安全を図ることはもちろん、、講習会や行動しながら登山技術を伝えることで、ご自身で行く登山をサポートします。

 これらのことを実現するための手段がガイド業であり、皆様に提供する情報を得るために現在もプライベートでのクライミングを続けています。 




主なガイド・フィールド

 海外

フランス・シャモニ・クライミング
イタリア・ドロミテ・クライミング
ギリシャ・カリムノス島・クライミング
タイ・プラナン(ライレイ)・クライミング
 その他

 国内

八ヶ岳・冬季登山、クライミング
小川山・瑞牆山・クライミング・講習会
剱岳・クライミング
穂高・槍ケ岳・クライミング・岩稜縦走
北岳・甲斐駒ケ岳・クライミング
 その他


加藤美樹・久野弘龍

日本山岳ガイド協会認定
国際山岳ガイド連盟認定
八ヶ岳山岳ガイド協会所属

〒408−0041 
山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3331−711 
メール:mikiyatsu2008@gmail.com  
電話:0551‐36‐6345 
携帯:090‐7195‐6134(久野

ブログ:山でボナペティ!  
ホームページ:http://mikiyatsu.jp/

 

トップへ
トップへ
戻る
戻る



山岳ガイド ミキヤツ登山教室は、夏山、冬山ともに国内では八ヶ岳、穂高岳、槍ヶ岳、剣岳、北岳、甲斐駒ケ岳など日本全国で、海外ではヨーロッパのシャモニ、ドロミテで山岳ガイド、登
山教室、クライミングスクールを行っています