山岳ガイド ミキヤツ登山教室が紹介する、現場からの登山装備、技術論 

 クライミングシューズの選び方・山岳ガイド・ミキヤツweb登山教室      
 

山岳ガイド・ミキヤツ登山教室 久野弘龍・加藤美樹
  メール・お問い合わせはこちら  mikiyatsu2008@gmail.com
トップページ
募集コース
web登山教室
山行報告
ガイドについて
ガイドの紹介
メール・問い合わせ

 「自分に合ったクライミングシューズを選べるようになるまでに3足は失敗する」ということをいわれます。
 しかし現実的に3回も買い直せる人は稀ですし、3回失敗しても未だに選べない方もいます。
 そういう訳で、クライミングシューズを選ぶ際のポイントを、これまでの慣習にとらわれずまとめてみました。


 クライミングシューズの種類

 クライミングシューズは現実的に2種類に分類することが出来ると思います。

 ダウントゥーしたシューズ
 フラットなシューズ

 結論として、特にクラック専用にしない限り、緩やかにダウントゥーした、そして立体的に作られているシューズをお勧めします。
最近のダウントゥーしたシューズは、従来の様に「掻き込み」のためにその形状があるのではなく、足入れを良くするために、そして立ちこんだ時に指がしっかりと立つことを狙っています。
 このため足指の力が弱く、スメアリングや小さな足場に立つことが苦手な方(初心者の方)にこそお勧めします。


 ダウントゥーしたシューズの特徴

 ダウントゥーしたシューズは、オーバーハングした壁での掻き込みのためにその形状があると思われがちですが、それはごく一部の特徴であり、最近のこの種類のシューズは、スメアリングやエッジングという普遍的な性能アップのためにこの形状を採っています。
 
 ダウントゥーしたシューズは指が伸びている時と立ちこんだ時の指のストローク量が大きくなります。
 このため、立ちこんだ時には指がしっかりと縮んだ状態になり、足指、シューズ先端に強い力が加わりやすくなります。これによって小さな足場、スメアリングに強いシューズとなります。
 しかし指がしっかりと縮むという事は、指の関節がシューズに強く当たって痛くなりがちです。このため、最近のシューズは指の部分が立体的に作られていて、関節が当たっても痛くなりにくくなっています。
 
 大きな短所もあり、ダウントゥーしたシューズは長時間履くと疲れやすくなります。


 フラットなシューズの特徴 
 フラットなシューズは指のストローク量が小さくなりがちで、立ちこんだ時でも指が縮みにくく、足指に力が入りにくくなります。
 足指が大きく縮むことも少なく、このため関節が当たることも無いので、メーカーではこのようなシューズを立体的に作ることはしていません。このため素直な足入れであることが多いのが特徴で、際立った性能は持たない代わりに、万人の足型に合わせやすいともいえます。
 しかし、ある程度の性能を求めて適正サイズをを履くと、立体的に作られていない個所が当たることもあり、「足の痛さ」に繋がっている可能性があります。

 しかしフラットなシューズは長時間履き続けても疲れにくいという長所があります。


 クライミングシューズを履くと疲れる理由

 クライミングシューズでつま先立ちになるとき、足裏の筋肉を最も酷使することになります。
 ダウントゥーしたシューズを履くと足裏が反っているため、既にこの部分の筋肉が少し縮んだ状態になります。これにより指先に力を入れやすくなります。
 しかしこのことは、小さな足場に立っていなくても既に筋肉が緊張した状態となってしまうため、足裏の疲れを招いてしまうことにもなります。
 これに対しフラットなシューズはシューズを履いて、指先が曲がっていた(立っていた)としても足裏の筋肉が緊張した状態にはなりません。このため長時間履いても足裏の疲労が少なくなります。

 つまりシューズを選ぶにあたって、フラットなシューズは痛くなく、ダウントゥーしたシューズは痛いとか、そういうことはあまり関係が無いという事です。


 クライミングシューズの傾向

 最近の高性能なシューズは親指、人差し指、中指、3本の指全体で立つような形状をしています。
 このことを目的とするために、以下の形状に分類することができます。

 @先端が丸いか、極端に尖っていない。
 A先端は尖っているが、親指方向に他の指を集めている
 B全ての指を中心に集める形状

 小さな足場に立とうと思えば、先端をとがらせて、小さな足場にも足を掛けやすくした方が良いと思われがちですが、実際に小さな足場に立つためにはスメアリングを併用した「スメッジング(スメアリングとエッジングの併用)」をすることになります。
 このため、小さな足場にも立ちやすいという、普遍的な性能向上を図るためには、親指一本に力を入れて立つよりも、3本の指で立たせた方が、力が入りやすい分だけ高性能なシューズになります。

 最近発売されている高性能なシューズのほとんどは上述の三つの形状のいずれかによって、3本の指に立たせる形状を取っています。

 親指だけで立たせるシューズはお勧めしません。そういうわけで、名シューズ・ミウラーもお勧めではありません。3本の指で立たせるシューズこそお勧めします。



 痛くない靴を選ぶために

 いずれにせよ、クライミングシューズを選ぶ際には、「そのシューズはあなたの足指をどのような形でシューズに収めさせようとしているか」を知る必要があります。
 そしてもう一つ。
 あなたの指の形状がどのような形化を知っておく必要があります。



 足入れが良いシューズとは?

 ゴムで覆われている部分は伸びにくい
シューズを選ぶ際、使い込むことで足になじんでくることも考慮しなくてはなりません。
 足になじむのは、足の形状に合わせて若干伸びる部分があるという事ですが、ゴム部分は伸びることはあまり期待はできません。
 シューズを履いた時、当たって痛い部分があるのであれば、そこがゴムで覆われているかどうかを確認しておかなくてはなりません。


 メーカーはシューズを履いても足の指を変形させない形状を狙っています。


見分け方
ソールを見ればわかります。



山岳ガイド・ミキヤツ登山教室


 山岳ガイド・ミキヤツ登山教室は、加藤美樹、久野弘龍がそれぞれ主催する個人ガイドの集合体です。
 
 日本山岳ガイド協会認定のもと、山岳ステージ2(登攀ガイド)、国際山岳ガイド資格を保有し、ガイド業を行なっています。




 私たちは、ガイド業を通じて技術や道具、登山情報を、過去の慣習や過去の経験ではなく、現在の経験に基づいた現場情報を提供することで、登山をする方が安全に楽しめることを目標としています。

 ガイド業務中には皆様の安全を図ることはもちろん、、講習会や行動しながら登山技術を伝えることで、ご自身で行く登山をサポートします。

 これらのことを実現するための手段がガイド業であり、皆様に提供する情報を得るために現在もプライベートでのクライミングを続けています。 




主なガイド・フィールド

 海外

フランス・シャモニ・クライミング
イタリア・ドロミテ・クライミング
ギリシャ・カリムノス島・クライミング
タイ・プラナン(ライレイ)・クライミング
 その他

 国内

八ヶ岳・冬季登山、クライミング
小川山・瑞牆山・クライミング・講習会
剱岳・クライミング
穂高・槍ケ岳・クライミング・岩稜縦走
北岳・甲斐駒ケ岳・クライミング
 その他


加藤美樹・久野弘龍

日本山岳ガイド協会認定
国際山岳ガイド連盟認定
八ヶ岳山岳ガイド協会所属

〒408−0041 
山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3331−711 
メール:mikiyatsu2008@gmail.com  
電話:0551‐36‐6345 
携帯:090‐7195‐6134(久野

ブログ:山でボナペティ!  
ホームページ:http://mikiyatsu.jp/
トップへ
トップへ
戻る
戻る



山岳ガイド ミキヤツ登山教室は、夏山、冬山ともに国内では八ヶ岳、穂高岳、槍ヶ岳、剣岳、北岳、甲斐駒ケ岳など日本全国で、海外ではヨーロッパのシャモニ、ドロミテで山岳ガイド、登
山教室、クライミングスクールを行っています