山岳ガイド ミキヤツ登山教室


山岳ガイド ミキヤツ登山教室が紹介する、現場からの登山装備、技術論 

 山岳ガイド ミキヤツ登山教室 山の道具選び       
 

山岳ガイド・ミキヤツ登山教室 久野弘龍・加藤美樹
  メール・お問い合わせはこちら  mikiyatsu2008@gmail.com
トップページ
募集コース
web登山教室
山行報告
ガイドについて
ガイドの紹介
メール・問い合わせ

靴下について

 靴下というと、とても地味で、実際に選ぶ時にはほとんど注意を払わないと思います。しかし、本当は靴と同じぐらい重要な装備です。登山中に起こるアクシデントで最も多い「靴擦れ」は靴下が大きな原因となっています。
 また、そうでなかったとしても、靴の性能、保温性、フィット感を補えるのは靴下(インナーソールも)しかありません。その登山が快適に行えるか否か、あなたの靴下選びにかかっています。

 
 靴下選び

 登山靴の説明で靴下は一枚で使用することを書きました。靴の保温性がよいから一枚で大丈夫というわけではなく、一枚で大丈夫なような靴下を選ぶ必要があるということです。
 また、靴下の厚み以上に重要なのが、靴下の形です。靴は試し履きしますが、靴下もできると良いのですが…。
 靴下をはいてみて、指先や足の裏にだぶつきがあると、靴を履いての行動中にそこが丸まって、血行を妨げることになります。そしてそれが足のしびれや冷えにつながります。そのままにしておくと凍傷の原因にもなりかねません。

 靴下の素材

 登山中に綿素材の靴下を使う方はいないと思いますが、ウールと化繊は使い分ける必要があります。
 靴擦れができやすい方はウールよりも化繊がお勧めです。
 化繊の方が靴の中で滑りやすいため、靴擦れができやすい方や靴ではこちらの方がお勧めです。
 靴擦れの問題が無い場合、ウールを選べば臭いの問題はかなり解決します。



 靴下は消耗品です。

 靴下を何回か使うと、ゴワゴワしてきます。当然保温力も落ちますし、何より、フィット感がなくなって、先述したようなだぶつきとなって、血行を妨げるようになります。
 ゴワゴワするのは、皮脂のせいで、しっかりと洗っていても必ず硬くなります。柔軟性がなくなったと感じたら、代えたほうがよいでしょう。


 インソール

 登山靴に付属しているインソールはオマケ程度ものものあれば、かなりしっかりとしているものもありますが、やはり交換した方が快適性も靴の性能も向上させることが出来ます。
 しかし、登山で使うインソール選びは注意が必要です。

 インソールには硬めのもので靴の性能を引き出すものと、柔らかめのもので快適性の向上を狙ったものとがあります。 
 登山道具に関しては、その登山者のレベルを問わず高性能なものを選ぶのが良いのですが、インソールに関しては高性能なものが逆効果になる事もあります。
 インソールの性能を上げようと思えば、オーダーメイドで足に合ったものを作ることが最も良いのですが、登山中には足にフィットし過ぎていると、それが快適性を損なうことにもつながります。

 登山は他のスポーツと違い、行動が長時間になります。
 このため、靴の履きはじめと終わりでは、むくみなどによって足の形が変わっていることが多く、足裏のアーチをインソールで作る行為自体が苦痛になってしまいます。
 また、インソールによる矯正によって、足のアーチによってショックを吸収するには、やはり行動が長すぎて疲れてしまい、効果を発揮させることができません。

 登山中はできれば、高性能な硬めのインソールを使うよりも、快適性を狙った柔らかめで、その矯正具合も少し緩やかなモノが適しています。
 
 もし、あなたがインソールによる強度の矯正が必要であれば、普段の生活から正しい立ち位置、姿勢を保つことで、強度の矯正を必要としない歩き方を身に付ける方が効果が高いと思います。



 小物類

 小物と書くと、大事な道具のような気がしませんが、上手く使うと、とても快適な登山を行うことができます。


 目出し帽

 目出し帽は冬山の必携装備です。なのにこれまでその説明はお座なりなモノで、選ぶ方もあまり注意を払ってきませんでした。
 今回は、そんな日陰者にスポットライトを当ててみましょう。

 服装の項で、暖かさはそれ程気にしなくてもよいと言いました。
 実際、行動中は服の中は暖かくなりますが、肌の露出した部分はまったく別です。
 肌の露出する部分といえば顔ですが、これを覆ってくれるのが目出し帽というわけです。
 ただし目出し帽に防風性は無く、保温性が目的であることは頭に入れておかないと行けません。目出し帽に防風性を期待して使用すると、必ずと言っていいほど顔が凍傷になります。

 目出し帽の選択の失敗例といえば、真っ先に厚手のモノを選んでしまうことがあげられます。寒いからといって厚手のモノを選ぶと必ず後で買い換えることになります。
 厚手のモノは、文字通り熱くなりすぎることが多く、薄手のモノでも十分です。そもそも、顔はかなり血液の集まる場所で、多少冷えても問題ありません。風の強い時はジャケットのフードを被り、風が顔に当たらないようにして行動するため、目出し帽は厚くなくても良いとも言えるでしょう。
 厚手のモノはヘルメットをかぶる時にとても不都合であることも頭に入れておいてください。

 目出し帽の形ですが、目の部分にただの楕円形の穴が空いているモノは×。お勧めしません。それよりも、顔の部分が上と下の布で被せてあり、必要に応じて閉じたり開いたりできるモノが○で、お勧めです。各メーカー「バラクラバ」という商品名で売っていることが多いようです。


 <目出し帽の使用法>

 目出し帽というと、銀行強盗のように?目だけ出して使うと思いがちですが、実際にはそういう状況で使うのは希です。かぶったら、顔全部を出して使用する方が圧倒的に多いのです。ただ、天気が悪い時のみ目、あるいは鼻まで出して行動します。
 目出し帽を鼻までかけて使うと、息が鼻との隙間からあがることになり、眼鏡、サングラスをしている人は曇ってしまいます。そんな時は息を下向きに吐くようにすると少しはレンズの曇りを防ぐことが出来ます。しかし、それとてまったく全てを防ぐことが出来るわけではないので、眼鏡ではなくコンタクトレンズを使用すると良いでしょう。
 しかし、全ての人がコンタクトレンズを使用できるわけではないので、他の方法を。
 前述のしっかりとしたフードを持ったジャケットなら、かなりそれらを防ぐことが出来ます。また、後述するファン付きのゴーグルを使用すれば、まず曇り知らずで行動できるでしょう。久野は去年はこの方法でまったくコンタクトレンズは使用しませんでした。




 ゴーグル、サングラス

 ゴーグルは必ず必要というわけではないのですが、失敗する人が多いのでこれも紹介します。
 ゴーグル選びを失敗する人は少ないのですが、使用法を間違えてまったく役に立たずに終わってしまう方が多いのです。

 まず、基本的にはゴーグルは登りでは使用しません。
 登りでは汗をかいてすぐにゴーグルが曇ってしまいます。ゴーグルを使用するのは天気の悪い時ですが、登りではあまり必要を感じないはずです。山で荒れると、風は下から上に向かって吹き付けます。だから、登りでは必要を感じないのです。
 ゴーグルはできる限り、降りの為に温存しておいてください。
 眼鏡をしている人にはファン付きのゴーグルをお勧めします。そして、このファン付きであっても、登りではすぐに曇ってしまいます。下り専用と割り切ってください。

 サングラスですが、雪山では必携です。紫外線は予想以上に強く、すぐに雪盲になります。
 雪目をなめてはいけません。まったく目を開けられなくなるので、完全に行動不能になります。救助されない限り、その場を動くことすら出来ません。
 サングラスは何でも良いですが、出来るだけ肌に沿っていて、フレームが肌とは接しないモノがよいでしょう。
 いわゆるスポーツグラスですが、似合う、似合わないではないので、派手であってもそれらを選んでください。
 天気の悪い時でもサングラスをしていないといけない場合があるのが、雪山登山の凄さです。直に風雪を受けるとすぐに視界を妨げられます。上述したとおり、風雪を受けないためにも、しっかりとした作りのフードを持ったジャケットと組み合わせる必要があります。

 ゴーグルはスキー用で構いません。
 サングラスは常時(日常でも)使う事を考えて、思いきって少し高めでも良いのではないでしょうか。驚くほど使い勝手が良くなります。

 オススメ
 ルディープロジェクト 

 ちょっと高いですが、他のメーカー(日本製も含めて)よりも日本人にあわせやすく、レンズも秀逸。
 impactXレンズは弾丸が当たっても割れません。フレームは他のメーカより圧倒的に調整範囲も広いのでオススメです。
 ルディープロジェクトは日本では余り知られていませんが、有名人、有名メーカーに惑わされないで!
 

 登山の小物類



ヘッドランプ

 ヘッドランプというと、軽くて明るければ何でもよいような気がしますが、選択を間違えると、とんでもないことになる可能性のある道具です。
 ヘッドランプを大きく分けて、LEDタイプと、電球タイプ(いろいろあって、専門的にはよくわかりませんが)に分けられます。最近はLEDタイプを選ぶ方が増えています。しかし、ちょっとこの二つの違いと適した用途を考えてみましょう。

<LEDタイプ>
 小さく、軽く、電池も長持ちし、電球も半永久的なものです。光は白く周りを広く照らすことができるのが特徴です。
 しかし、欠点があります。
 遠くを照らすことができないのです。
 レンズを使って、光を集約しているわけではないので、遠くを照らすことができないですし、ガスの中では光が拡散してしまい、全く用を足しません。
 積極的に夜間の行動を行うときには不向きですが、明るいのでオススメです。欠点を知った上で選択してください。

<電球タイプ>
 従来からあるヘッドランプですが、電球がハロゲンなど、様々なものがあります。しかし、共通しているのはLEDタイプに比べて、省費電量が多いのと、それゆえ、電池が重くなってしまうことです。また、従来の豆電球が使われているときは予備の電球が必要です。
 しかし、長所もあり、レンズによって光を集約することができるので、ガスの中でも光を細く絞ることで使うことができます。また、長いものになると100b以上の照射距離があります。
 
<複合タイプ>
 上述二つの長所を活かし、短所を補うためにLEDと電球の二つを持つヘッドランプがあります。
 夜間の行動、登攀にはこのタイプは必携です。たとえ夜間行動の予定がなかったとしても、登攀ルートを目指す人はこのタイプがあった方が何かと心強いはずです。

 ヘッドランプの電池の位置について

 ランプ部分と電池ボックスが分かれているものと一緒になったものがあります。
 登山に適したものは、分かれたものです。電池部とランプ部が一緒にベルトの前に付いているものは、行動中にヘッドランプが重みで下を向いてしまったり、ズレてしまいます。
 確かにLEDタイプなど、軽いものは一体になったものが多いのですが、軽いものは問題ありません。しかし、複合タイプなどではどんなに小さなものでも、分かれたものがよいでしょう。
 
 
山岳ガイド・ミキヤツ登山教室


 山岳ガイド・ミキヤツ登山教室は、加藤美樹、久野弘龍がそれぞれ主催する個人ガイドの集合体です。
 
 日本山岳ガイド協会認定のもと、山岳ステージ2(登攀ガイド)、国際山岳ガイド資格を保有し、ガイド業を行なっています。




 私たちは、ガイド業を通じて技術や道具、登山情報を、過去の慣習や過去の経験ではなく、現在の経験に基づいた現場情報を提供することで、登山をする方が安全に楽しめることを目標としています。

 ガイド業務中には皆様の安全を図ることはもちろん、、講習会や行動しながら登山技術を伝えることで、ご自身で行く登山をサポートします。

 これらのことを実現するための手段がガイド業であり、皆様に提供する情報を得るために現在もプライベートでのクライミングを続けています。 




主なガイド・フィールド

 海外

フランス・シャモニ・クライミング
イタリア・ドロミテ・クライミング
ギリシャ・カリムノス島・クライミング
タイ・プラナン(ライレイ)・クライミング
 その他

 国内

八ヶ岳・冬季登山、クライミング
小川山・瑞牆山・クライミング・講習会
剱岳・クライミング
穂高・槍ケ岳・クライミング・岩稜縦走
北岳・甲斐駒ケ岳・クライミング
 その他


加藤美樹・久野弘龍

日本山岳ガイド協会認定
国際山岳ガイド連盟認定
八ヶ岳山岳ガイド協会所属

〒408−0041 
山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3331−711 
メール:mikiyatsu2008@gmail.com  
電話:0551‐36‐6345 
携帯:090‐7195‐6134(久野

ブログ:山でボナペティ!  
ホームページ:http://mikiyatsu.jp/